【漫画】「鬼滅の刃」の心に響く名言

どんな漫画?

 吾峠呼世晴さんが、2016年から2020年にかけて、週刊少年ジャンプに連載された漫画です。

 舞台は大正時代、主人公・竈門炭治郎が炭売りから家に戻ると、家族は鬼に惨殺され、唯一の生き残りである妹・禰豆子は鬼にされてしまいます。炭治郎は、鬼と化した禰豆子を人間に戻すために戦います。

▲目次へ戻る

心に響く名言

第64話 上弦の力・柱の力 

 鬼殺隊の炎柱・煉󠄁獄杏寿郎が、炭治郎や列車の乗客たちを守りながら、上弦の参の鬼・猗窩座との闘いで言った言葉です。

俺は俺の責務を全うする!!
ここにいる者は
誰も死なせない!!
(煉獄杏寿郎

出典 : 吾峠呼世晴「鬼滅の刃 8」

▲目次へ戻る